プレスリリース

遠近両用カスタムレンズ最上位モデル
『セイコー パシュートAC-X』 誕生

acx_top2
セイコーオプティカルプロダクツ株式会社(代表取締役社長:田中 伸夫、本社:東京都中央区)は、
遠近両用カスタムレンズの最上位モデル『セイコー パシュートAC-X』を、2016年5月より全国で
一斉に発売し、受注を開始いたします。
当社は、1980年に国産初の累進屈折力レンズを開発して以来、一貫して両眼視での見え心地の改善に
取り組んでまいりました。今回発売の『セイコー パシュートAC-X』は、年齢と共に加入度の進んだ方々を
対象とした、さらに高度で高性能な累進屈折力レンズです。ベースの設計に『クロスサーフェス設計®(両
面制御設計) 』を採用し、“左右の度数差”や、“フレームそり角”により生じやすいアンバランスさを「リア
ルサイト補正(垂直方向/水平方向の補正)」を施すことで解消し、快適な見え方バランスを追求していま
す。
レンズタイプは、お客様のライフスタイルにあわせて3つの設計タイプをご用意いたしました。
“見るとき”も“見られるとき”も美しい―セイコー単焦点レンズの最高峰「A-ZONE」の「ZONE 設計」を
初めて累進屈折力レンズに搭載し、フレームの形状やお客様のお顔の形に合わせた個別のレンズ設
計が可能な『フレーム三次元補正』もとり入れ、より洗練された補正で、快適な視界を実現するレンズ
となっております。
☆パシュート(PURSUIT)・・・「追求」の意 (英語)
☆AC(Advanced Corrections)・・・「より高度な、洗練された補正」の意 (英語)
☆Ⅹ・・・クロス(X)サーフェス/eXtraordinary、「並外れた」の意(英語)

【お問い合わせ先】

セイコーオプティカルプロダクツ株式会社

お客様相談室 TEL 03-5542-5050 まで