トピックス

『セイコー スペリオールP1』グッドデザイン賞を受賞

セイコーオプティカルプロダクツ株式会社(代表取締役社長 和久山 孝)は、この度、財団法人日本産業デザイン振興会が主催する「2009年度グッドデザイン賞※」(Gマーク)を、カスタムメイド遠近両用レンズ『セイコー スペリオールP1』で受賞いたしました。

 

当社製メガネレンズでは、メガネレンズ史上初の受賞であった2002年の「セイコー P-1シナジー」を初め、2003年の「セイコー ファンクリック」、グッドデザイン賞の特別賞である“ユニバーサルデザイン賞”に輝いた「セイコー スーパーP-1」、2006年の「セイコー P-1エンブレム」、2007年の「セイコー オーガテック」に続く受賞となります。

今回受賞した『セイコー スペリオールP1』は、セイコーが新たに開発した“スペリオール・システム”を採用したカスタムメイド遠近両用レンズです。

 

“スペリオール・システム”とは、専用ツールを使い、装用者と装用する「フレーム」に関する各種データから、最適な装用感が得られるようカスタマイズしたレンズを導き出し提供するシステムのこと。「使用目的」・「近用作業距離」・「これまでお使いのレンズ」等はもとより、「フレームのカーブ」・「前傾角(1度ピッチ)」・「ライフスタイル」までも考慮し、お一人おひとりに最適なレンズを作り上げます。

 

『セイコー スペリオールP1』は、発売以来その快適な使い心地で、消費者から高い評価を得ています。この度のグッドデザイン賞受賞を機に、より多くの消費者から支持される商品として、更に広く推奨して参ります。

 

セイコーオプティカルプロダクツは”CREATING THE BEST VISION” をスローガンに、

これからも世界の人々に、先進の技術でやさしさと快適な視生活を提供して参ります。

 

※ グッドデザイン賞(Gマーク)は、1957年に通商産業省によって設立された「グッドデザイン選定 制度」を母体とした日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨制度です。新しい時代の文化と生活を創造することを目的に、「より豊かなライフスタイル」と「良いビジネス」を導く運動として展開しています。また「グッドデザイン賞」受賞のシンボルである「Gマーク」はすぐれたデザインを示す象徴として広く一般に親しまれています。

 

 

【この件を、記事として掲載いただく場合のお問合せ先】

セイコーオプティカルプロダクツ株式会社 営業本部 販売企画推進部 広報・宣伝グループ
TEL03-5645-5085(小玉・金澤)まで

 

【記事掲載時、消費者からの問い合わせ先】

セイコーオプティカルプロダクツ株式会社 お客様相談室TEL 03-5645-5050 まで