Now Loading ...

文字拡大

OFF

最高のパートナーに、出会う。SUPERIOR PX

テイラーメイドレンズのフラッグシップモデル誕生

スペリオールPXは、お客様お一人おひとりの様々なデータに合わせた見え心地を、
セイコーの最新技術により実現。
テイラーメイド遠近両用レンズのフラッグシップモデルとして、
究極の「お客様仕様」を追求致しました。

FOR YOUこんなあなたに

  • 今の眼鏡に何らかの不満がある方
  • インディヴィジュアル性の高い眼鏡を掛けてみたいが、自身に適した装用感が得られるか心配…という方
  • 高加入度数の遠近両用レンズが必要な方

QUALITY特徴

度数に合わせて最適レンズを自動的に設計

セイコーがこれまで培ってきた累進レンズのノウハウを基に、お客様お一人おひとりの遠用度数・加入度数に合わせて最適なレンズを自動的に設計いたします。クロスサーフェス設計®(両面制御設計)だけでなく、度数それぞれの問題点を和らげることでレンズ性能そのものを向上させ、より快適な見え心地を実現しました。

DESIGN基本設計

世界初 倍率コントロール

レンズ外面の近用カーブをントロールすることで、実際の「大きさ」と「形」とのズレを減らし、見え心地を向上させる新しい技術です。

近視系

外面近用カーブを深くすることにより、近用倍率をアップし、元の大きさに近づけ、同時にアスペクト比も改善。

遠視系

外面近用カーブを遠用より浅くすることにより、内面累進よりもさらに遠近の倍率差を縮小、同時にアスペクト比の改善をすることで、ユレ・ユガミの低減を実現。

世界初 Horizontal Atoric(ホリゾンタルアトーリック)

外面の縦方向のカーブに対して、横方向カーブを深くし、ユレ・ユガミを低減させた、新しい技術です。周辺部では、徐々にカーブを緩めレンズ厚の増加を抑制しています。

近視系

横のカーブを縦のカーブより深くすることで、ユレ・ユガミを低減し、アスペクト比の改善も実現。

OPTIONオプション