パシュートPV ~拡がる視界は、ありのままの世界~

セイコー累進レンズの新たな挑戦

お客様が累進レンズに求める「自然な見え心地」。
セイコーでは、ユレ・ユガミの少ない、広々とした視界を実現するために多くの画期的なレンズをお届けしてまいりました。
そして画期的な新技術「クロスサーフェス設計®(両面制御設計)」により、レンズを通して見たときのもののユガミや大きさを補正することに成功しました。

すべてのお客様に、より自然で快適な見え心地をお届けするために・・・
セイコーの累進レンズは、これからも進化を続けます。

パシュートPVの基本設計<クロスサーフェス設計®(両面制御設計)>

ユレ・ユガミの少ない自然な見え方

  • 従来の外面累進屈折力レンズ
  • クロスサーフェス設計®(両面制御設計)

写真は視界の違いを表すためのイメージです。

広がりのある、明るくクリアな視界

  • 従来の外面累進屈折力レンズ
  • クロスサーフェス設計®<br>(両面制御設計)

写真は視界の違いを表すためのイメージです。

パシュートPVの特長

より裸眼に近い自然な見え方に<クロスサーフェス設計®(両面制御設計)>

レンズを通して近くを見たときの、実際の「大きさ」とのズレを改善

近視系は近用倍率が上がり、遠視系は近用倍率が抑えられ、より裸眼に近い自然な見え方になります。

レンズを通して近くを見たときの、実際の「形」とのズレを改善

レンズを通して見たときのもののユガミ(縦横比のズレ)を補正します。

アスペクト比とは、正方形を遠近両用レンズの近用部で見た時の縦横比のこと。数値は「1」に近づくほど実物と相似であることを示します。

ユレ・ユガミの低減

ユガミを小さくすることで、顔を左右に動かした場合でもユレを感じにくくします。

↑クロスサーフェス®設計の導入後

世界初倍率コントロール

レンズ外面の近用カーブをコントロールすることで、実際の「大きさ」と「形」それぞれのズレを減らし、見え心地を向上させる新しい技術です。

外面近用カーブを深くすることにより、近用倍率をアップし、元の大きさに近づけ、同時にアスペクト比も改善。

外面近用カーブを遠用より浅くすることにより、内面累進よりもさらに遠近の倍率差を縮小、同時にアスペクト比の改善をすることで、ユレ・ユガミの低減を実現。

世界初Horizontal Atoric®

外面の縦方向のカーブに対して、横方向カーブを深くし、ユレ・ユガミを低減させた、新しい技術です。周辺部では、徐々にカーブを緩めレンズ厚の増加を抑制しています。

横のカーブを縦のカーブより深くすることで、ユレ・ユガミを低減し、アスペクト比の改善も実現。

近視系・遠視系それぞれの要望に応えた性能バランス<度数別可変収差バランス>

近視系では明視領域を広くし、遠視系ではユレ・ユガミを減らしています。

遠視系の方 ... ユレ・ユガミ低減重視
比較画像
弱度の方 ... バランス重視
比較画像
近視系の方 ... 明視領域の広さ重視
比較画像
  • パシュートPV
  • 従来の内面累進レンズ

乱視のある方が遠くを見たときの視野が約80%広く
<アドバンスト アスフェリック設計>

アドバンスト アスフェリック設計

比較図

さまざまな方向に視線を向けたときの眼球の姿勢を決定する「リスティングの法則」を考慮し、従来レンズと比べて収差のバランスを整え、遠用視野が大幅に広がりました。

遠くの視野が広がり、視界もすっきり<スムージング設計>

スムージング設計

比較図

遠用部から累進部にかけての度数変化を緩やかにすることで、従来レンズと比べてフィッティングポイント(※1)周辺の明視幅を約60%(※2)拡大。
遠用視野が広がりすっきりした正面視を実現しています。

  • ※1 瞳の中心を合わせるべき位置
  • ※2 従来の内面累進レンズ比 (S0.00 ADD2.00)

どんな度数の方でも快適な見え方に<全度数最適設計>

これまでのレンズ

これまでのレンズ

一般的な外面累進屈折力レンズでは、ベースカーブ区分ごとに共通なセミフィニッシュトブランク(※)を用いるため、光学性能にバラツキがありました。

片側の面の形状が出来上がっており、反対側の面は注文に応じて加工される、半完成状態のレンズの材料

全度数最適設計

全度数最適設計

度数による光学性能のバラツキがなく、全ての度数のお客様に、より広い視野と快適な装用感をお届けします。

ペアレンズできれいな外観と優れた光学性能<カーブペアリングシステム>

カーブペアリングシステム

レンズは度数によって採用されるレンズのカーブが違います。
左右レンズの度数差が大きい場合、ベースカーブに差が生じ外観に違和感が生じます。
「パシュートPV」では、ベースカーブが異なる場合、優れた光学性能を実現しつつ、自動的にカーブを合わせ外観を整えます。

カーブを合わせた場合

レンズの外観

小ぶりなフレームに美しくフィット

  • 従来のレンズ
  • パシュートPV

写真は特徴を表すためのイメージです。

パシュートPVは、累進帯長が10mm、12mm、14mmと短くなっています。そのため、従来の遠近両用レンズでは難しかった、天地幅の浅いフレームにもスッキリ収まるようになっています。

薄く軽く、快適なかけ心地

  • 従来のレンズ
  • 1.60素材
  • 1.67素材
  • 1.74素材

これはS-6.00のイメージです。当社の従来レンズは1.50素材。

レンズ素材が持っている、光を屈折させる能力の数値を屈折率と言います。屈折率が高いほど、レンズは薄くなっていきます。パシュートPVは、超高屈折率1.74素材、1.67素材、高屈折率1.60素材の3タイプをご用意。さらに、レンズの薄型化を実現する内面非球面設計を採用。素材と設計の相乗効果で、従来のレンズよりはるかに薄く軽くなっています。

3Dリアルタイムシミュレーションで、遠近両用レンズは未体験の領域へ…

3Dリアルタイムリミュレーション

パシュートPVは、セイコーが開発した世界初の「3Dリアルタイムシミュレーション」によりレンズ性能を評価。コンピューターグラフィックス技術を用いた全く新しい眼鏡レンズ装用シミュレータにより、実際の装用状態に近い立体的な映像をリアルタイムで評価し、レンズ設計にフィードバックしていくことで性能バランスを最適化しています。

対応テクノロジー

  • クロスサーフェス®設計
  • 3Dリアルタイムシミュレーション

薄さ / コーティング

名称 素材 UV
カット
反射
防止
汚れ
防止
キズ
防止
静電気
防止
青色光
カット
裏面反射
UVカット
くもり
防止
パシュートPV 1.74 ★★★★★ 標準 標準 標準 OP OP OP OP OP
パシュートPV 1.67 ★★★★ 標準 標準 標準 OP OP OP OP OP
パシュートPV 1.60 ★★★ 標準 標準 標準 OP OP OP OP OP

S:標準仕様 OP:オプション

スペック

名称 屈折率 比重 アッベ数 累進帯長(mm) 品質保証マーク
パシュートPV 1.74 1.74 1.47 33 10 12 14
パシュートPV 1.67 1.67 1.36 32 10 12 14
パシュートPV 1.60 1.60 1.30 42 10 12 14