パシュートCV-X 快適な視界は、両面で進化する

今よりも、もっと自分らしく

アウトドアでも、インドアでも。
拡がる快適な視界。

もっと自分らしく、素敵な時間を過ごしたい。楽しむことに前向きな「オトナ」が増えています。そんな方を、遠近両用レンズで応援したいという気持ちを込めて、パシュートCV-Xを開発いたしました。
パシュートCV-Xは最新のクロスサーフェス設計®で基本性能を向上。
ユレ・ユガミをさらに低減することで「楽しい時間を演出する、手放せないレンズ」を目指しました。

パシュートCV-Xの基本設計 <クロスサーフェス設計 ®(両面制御設計)>

クロスサーフェス設計®(両面制御設計)は、レンズ内面と外面の形状を高度な技術で制御することにより、これまでにない自然な見え心地を追求した最新設計です。
レンズ側方のユガミを小さくすることで、顔を動かした際に生じるユレを感じにくくします。 また、近視系は近用倍率を上げ、遠視系は倍率を抑える事でより実物に近い自然な見え方になります。

ユレ・ユガミの少ない自然な見え方

クロスサーフェス設計®を採用することで、従来の内面累進・内面非球面設計のレンズよりもさらなるユレ・ユガミの低減を実現しています。

S+4.00 ADD2.00 累進帯長14mm
レンズ現物を写真撮影。

写真は視界の違いを表すためのイメージです。

近用倍率改善・近用アスペクト比改善

近視系レンズで近方視したとき

全体的に小さく、また潰れたように見えてしまうところを、実物に近い見え方に補正します。

写真は視界の違いを表すためのイメージです。

遠視系レンズで近方視したとき

全体的に大きく、また伸びたように見えてしまうところを、実物に近い見え方に補正します。

近用アスペクト比:正方形を遠近両用レンズの近用部で見た時の縦横比

パシュートCV-Xの特長

<全度数最適設計>

全度数最適設計

度数による光学性能のバラツキがなく、全ての度数のお客様に、より広い視野と快適な装用感を実感いただけます。

これまでのレンズ

これまでのレンズ

一般的な外面累進屈折力レンズでは、ベースカーブ区分ごとに共通なセミフィニッシュトブランク(※)を用いるため、光学性能にバラツキがありました。

片側の面の形状が出来上がっており、反対側の面は注文に応じて加工される、半完成状態のレンズの材料

全度数最適設計

全度数最適設計

度数による光学性能のバラツキがなく、全ての度数のお客様に、より広い視野と快適な装用感をお届けします。

<アドバンストアスフェリック設計>

アドバンストアスフェリック設計

色々な方向に視線を向けた時の眼球の姿勢を決定する「リスティングの法則」を考慮し、360°全方向において収差補正を行うことで、従来のレンズに比べ乱視の方の視野の狭まりを大幅に改善します。

<可変近用内寄せ>

可変近用内寄せ

お客様のデータに合わせて、近用内寄せ量を最適化します。(0.1㎜ピッチ)

前傾角イメージ

ライフスタイルの多様化にともない、近用作業距離の個人差が大きくなっています。また近用度数に応じて水平方向のプリズム効果も変化し、最適内寄せ量も変わります。
パシュートCV-Xでは、近用内寄せ量を0.0~5.0mmまで0.1mmステップに設定することで、お客さま一人ひとりに応じた内寄せ量の設計が可能となり、近用部を100%活用していただけるようになりました。
なお、近用内寄せ量は左右別設定も可能です。

顔を動かさず遠くから近づいてくる物体を見るとき、目は内側に輻輳(両目が同時に内側を向く動き。より目。)し、レンズ上の視線の通過点が移動します。
これを考慮して遠用部基準点から近用部領域を相対的に鼻側に位置させておくことを内寄せと言い、その量を内寄せ量と言います。
遠用PD、近用作業距離、近用度数により一人ひとり異なります。

<カーブペアリングシステム>

カーブペアリングシステム

左右レンズの度数差が大きくベースカーブが異なる場合でも、優れた光学性能を維持しながら、自動的にカーブを合わせ外観を整えます。

カーブを合わせた場合

<度数別可変収差バランス>

度数別可変収差バランス

近視系の方は視野の広さを重視した収差バランスに、遠視系の方はユレ・ユガミの低減を重視した収差バランスにすることで、レンズの使いやすさを向上させます。

比較図

<スマートサーフェスコントロール>

スマートサーフェスコントロール

当社のハイエンド累進レンズにしかなかった「ホリゾンタルアトーリック」「倍率コントロール」に近い効果を、シンプルな面形状で実現しています。

比較図

これまでのセイコーレンズからの掛け替えも安心

これまでのユレ・ユガミが少ないセイコーレンズの流れを受け継ぎながらも、最新の設計でより少なく、
滑らかな収差を実現。快適な視界の進化を実感していただけます。

比較図

レンズの外観

小ぶりなフレームに美しくフィット

  • 従来のレンズ
  • パシュートCV-X

写真は特徴を表すためのイメージです。

パシュートCV-Xは、視力はもちろんライフスタイルやお使いになる状況、フレームの形状に合わせ、コンピュータできめ細かく設計します。累進帯長は10mmという極めて短いタイプから3種類(10mm 12mm 14mm)ご用意しているため、従来の遠近両用レンズでは難しかった、天地幅の浅いフレームにもすっきり収まるようになっています。

薄く軽く、快適なかけ心地

  • 従来のレンズ
  • 1.60素材
  • 1.67素材
  • 1.74素材

これはS-6.00のイメージです。当社の従来レンズは1.50素材。

レンズ素材が持っている、光を屈折させる能力の数値を屈折率と言います。屈折率が高いほど、レンズは薄くなっていきます。パシュートCV-Xは、超高屈折率1.74素材、1.67素材、高屈折率1.60素材の3タイプをご用意。さらに、レンズの薄型化を実現する内面非球面設計を採用。素材と設計の相乗効果で、従来のレンズよりはるかに薄く軽くなっています。

薄さ / コーティング

名称 素材 UV
カット
反射
防止
汚れ
防止
キズ
防止
静電気
防止
青色光
カット
裏面反射
UVカット
くもり
防止
パシュートCV-X 1.74 ★★★★★ 標準 標準 標準 OP OP OP OP OP
パシュートCV-X 1.67 ★★★★ 標準 標準 標準 OP OP OP OP OP
パシュートCV-X 1.60 ★★★ 標準 標準 標準 OP OP OP OP OP

S:標準仕様 OP:オプション

スペック

名称 屈折率 比重 アッベ数 累進帯長(mm) 品質保証マーク
パシュートCV-X 1.74 1.74 1.47 33 10 12 14
パシュートCV-X 1.67 1.67 1.36 32 10 12 14
パシュートCV-X 1.60 1.60 1.30 42 10 12 14