1998年、世界初 両面非球面単焦点レンズを発売。

1998 世界初 両面非球面単焦点レンズ

「少しでも薄く」を実現するために、新技術に着手

SEIKOが1989年に世界初となる非球面単焦点レンズ(外面のみ非球面、内面は球面)を開発し、プラスチックレンズ市場に新風を巻き起こしてから十数年のこと。

当時、薄いプラスチックレンズ素材の開発は行き止まっていた。
メガネユーザーの求める「少しでも薄く、快適な視界」を実現するため、世界初となる両面非球面単焦点レンズの開発に着手した。


見え方も薄さも向上させる「両面非球面設計」。

両面非球面単焦点レンズは文字通り、表面も裏面も全て非球面設計のレンズで、よりフラットな低ベースカーブを実現することが可能となる。通常は低ベースにすればするほど光学性能が低下する(見え方が悪くなる)が、両面非球面設計なら表面と裏面の非球面を絶妙に最適化することで、見え方を低下させることなくさらなる薄型化を図ることができるのである。

これにより、それまで片面だけでは難しかった乱視度数の最適化も実現できることになる。


新たな生産技術にチャレンジ

プラスチックレンズの永遠のテーマである薄さと光学性能(見えやすさ)が両立した両面非球面単焦点レンズ。それは、プラスチックレンズの歴史に名を刻むと共にSEIKOの飽くなき技術開発への情熱を物語っているのである。

1998年、世界初 両面非球面単焦点レンズを発売。

単焦点レンズであるため、量産化する必要がある。
量産するためにはプラスチックを溶かして注入するガラス型が必要となる。
この商品のガラス型はレンズの内側にあたる部分を非球面でつくる必要があった

今までは球面形状が当たり前であったため、独自開発を余儀なくされた。両面非球面用のガラス型を開発するために、何度も何度も試作を繰り返し、設計通りの光学性能が出るガラス型製造に明け暮れたわけである。

そして、1998年、ついに世界初となる両面非球面単焦点レンズ「SSV AZ」が誕生した。
現在は屈折率1.74の「SPG AZ」、屈折率1.67の「SSV AZ」、屈折率1.60の「SLU AZ」の3商品をラインナップ。


プラスチックレンズの歴史に新たな1ページを。

プラスチックレンズの永遠のテーマである薄さと光学性能(見えやすさ)が両立した両面非球面単焦点レンズ。
それは、プラスチックレンズの歴史に名を刻むと共にSEIKOの飽くなき技術開発への情熱を物語っているのである。