1980年、国産初累進レンズの開発

日本の累進レンズの歴史はここから始まった。国産初の累進レンズ「P-1レギュラー」

日本では1970年後半より、複数の累進レンズが登場した。

しかしながらまだ国産のものはなく、海外レンズのみであった。
当時の累進レンズは、視野の広さに重点をおいた「ハード設計」と、視野の広さを犠牲にしてユレの少ない「ソフト設計」のどちらかであった。前者は、視野が広いのだが、ユレ・ユガミが大きく掛けにくいと感じる人も少なくなかった。
一方、後者は視野の広さが不十分で、ユレ・ユガミも十分コントロールされたものではなかった。
また累進レンズの製造技術も不十分であり、度数制度に難があった。

日本人の目にとって、本当にみえやすいのは、どのような累進レンズだろう?


1978年、国産初の累進レンズの開発プロジェクト、スタート。

日本人の目にマッチし、掛けやすいレンズはどのようなものだろう?

SEIKOが出した答えは、快適な装用感の為にユレ・ユガミを抑えつつ、必要十分な視野を確保したバランス設計であった。海外の製品にはこのようなコンセプトの商品はない。理想のレンズを求めるなら、国内で、それも自社で一から製造する以外にない。

1978年、社内に号令がかかり、国産初の累進レンズの開発プロジェクトが立ち上がった。


1980年、国産初の累進レンズ「P-1レギュラー」発売。

当時のSEIKOにとって、累進レンズの開発は未知の世界。

どのように設計し、どのように性能評価し、どのように製造するのか…すべてが手探り状態で始まった。
累進レンズを製造するにはレンズ素材を研磨するための工作機械が必要だが、これも自社で開発しなければならなかった。

2年間の試行錯誤の上、誕生したのが「P-1レギュラー」という累進レンズである。
現在、世界最高レベルと評される日本の累進レンズのテクノロジー。
その出発点となったのが、このレンズであった。


日本、そして世界の累進レンズの流れを変えていった。

「P-1レギュラー」発売の2年後、さらにユレ・ユガミを抑えた「バランスソフト設計」の原型となる「P-1マイルド」を開発、発売開始。従来の商品にない快適な掛け心地により、発売当時からご好評いただくことに。

あっという間に国内の累進レンズの勢力図を塗り替え、「P-1」は今では日本を代表する累進レンズブランドとなった。


累進レンズの世界はさらに広がっていく。

「P-1レギュラー」という国産初の商品で礎を築き、「P-1マイルド」で大きく羽ばたいたSEIKOの累進レンズ。

「P-1マイルド」発売から2年後には、さらに「P-1アクタス」という商品を発表。
これはアウトドア志向の方用に開発された商品で、遠用重視設計でユレが少ないレンズである。

当時、一枚ですべての用途を満たそうとするオールマイティ志向の累進レンズが主流であったが、その「オールマイティ」は不十分であり、ユーザーを満足させられるものではなかった。そこでSEIKOは、ユーザー個々の用途に合う用途別設計という画期的ともいえる概念を持ち込んだのである。