遠近レンズ・中近レンズ・近々レンズって?

老視用のメガネ(シニアレンズ)にはいくつかのタイプがあります。
今回ご紹介するのは【累進屈折力レンズ(るいしんくっせつりょくれんず)】という種類のレンズです。

このタイプのレンズは境目もなく、1枚のレンズで遠・中・近を見ることができるレンズです。
シニアレンズとしては今や主流となっています。

一方、最近ではあまり見かけなくなりましたが【二重(三重)焦点レンズ】という「レンズに境目のある」レンズがあります。性能的には、手元の見える範囲はとても広いのですが、中間を見るときには像が境目でジャンプするので、見にくくなってしまいます。また、このレンズを掛けていると一目で老眼だということがすぐにわかってしまうので、外観上あまり良いものではありません。

そんなわけで現在では、老視の矯正としては【累進屈折力レンズ】を利用される方が多くなっています。

さて、今回はこの【累進屈折力レンズ】の種類について、そして選び方のポイントについてご紹介していきます。

1. 累進屈折力レンズの種類

【 1 】 遠近両用タイプ(常用レンズ)

お手元から遠方まで1本のメガネで済み、掛け外しをしなくて済むのでとても便利なレンズです。
1枚のレンズで遠・中・近が見えるように設計されているので、遠用→中間→近用と度数が変化します。その度数の変化により、掛け始めの際はユレ・ユガミなどの違和感を感じたり、視野(見える範囲)が狭く感じるといったことがあります。(ほとんどの方はすぐに慣れてしまいます。)こうしたユレ・ユガミや視野の問題は度数が進めば進むほど顕著になってきますから、なるべくなら加入度数(老眼の度数)が強くならない40歳代のうちから使用し始めることがポイントです。加入度数が強くなってから掛け始めると、慣れづらく、慣れるまでに時間がかかってしまいます。

【 2 】 中近重視タイプ(屋内・室内用レンズ)

屋内・室内専用のメガネとして開発されたレンズで、3~4m前後からお手元まで1本のメガネで掛け外すことなく見ることができます。したがって、主婦の方でテレビを見たり、掃除をしたり、料理をしたり、読書をしたりする場合を想定すると最適なメガネといえます。
また、会議の際にボードを見たり、手元の書類を見たりするのにも最適です。
なお、中近メガネをはじめて作成する場合は、見え方を確認する為にトライアルレンズで「どのくらいの範囲まで・どういう見え方をするレンズなのか」ということを実際に体験してから購入することをおすすめします。このトライアルテストをしないと、見え方について後々のトラブルにつながってしまう場合があります。

【 3 】 近用ワイドタイプ(パソコン用レンズ)

中近レンズよりも奥行きが短くなりますが、手元に関してはワイドに見ることができます。通常の単焦点老眼用レンズと中近レンズの中間的なレンズということになります。デスクワーク中心でデスク周りをワイドに見たい方には最適なレンズです。例えば、通常の単焦点老視用レンズは手元の30cm前後しか見えませんので、パソコン作業をする場合などはキーボードはよく見えるもののモニター画面はよく見えません。近用ワイドレンズなら、そうした問題をクリアすることができ、快適にパソコン作業をしていただけます。

2. 累進屈折力レンズの選び方のポイント

「累進屈折力レンズ」は、そのレンズを使用する目的を特定することでメガネの使用感が大幅にアップすることがあります。ガーデニング、食事、パソコン作業…など、目的に合わせて適切なレンズを選びましょう。

お店でレンズを選ぶ際には、これから作るメガネをどんな場面で使いたいのか、どのくらいの距離まで見えるレンズを作りたいのか、今のメガネのどんなところが不満なのか、などを店員さんに正しく伝え、相談してみてください。きっといいアドバイスがもらえると思いますよ。みなさんにピッタリのレンズを見つけてくださいね。