レンズの種類について

眼鏡用のレンズには、「単焦点レンズ」、「二重焦点レンズ」、「累進屈折力レンズ」などがあります。

単焦点レンズ

近視、遠視、乱視などに用いる一般的なメガネレンズで、1枚のレンズにひとつの度数があります。
一般的な補正用と、手もと専用老眼鏡に使われます。
単焦点レンズには、球面、非球面、両面非球面などの設計があり、見え方、かけ心地などに違いがあります。

二重焦点レンズ

※このタイプのレンズは弊社ではお取り扱いしておりません。

老視の人が手元専用の老眼鏡を使っていると、遠くを見るときと近くを見るときでメガネをかけはずししなくてはなりません。こういったわずらわしさを解消するため、ひとつのレンズの中に、遠くを見るための部分と近くを見るための部分が設けられたレンズを、多焦点レンズといいます。
最も一般的なのは、近くを見る場所がレンズ下方に1つ設けられた二重焦点レンズ(バイフォーカル)レンズです。
また、遠くと近くの中間距離を見るためのレンズをさらに付加した、三重焦点レンズ(トライフォーカルレンズ)というのもあります。

二重焦点レンズは遠くを見る部分と小玉からなっています。
図のような視線の使い方で、遠く・近くを見ることができます。

二重焦点レンズ

累進屈折力レンズ

上記の多焦点レンズの、遠く用のレンズの度数から近く用のレンズの度数までを、連続的になめらかに変化させたレンズが累進屈折力レンズです。累進屈折力レンズは、遠くも近くも中間距離も見え、さらに多焦点レンズのような外観上の目立つ欠点もないのでファッション性に富むことから、老視の屈折補正によく使われるレンズです。なお、累進屈折力レンズには目的や用途に応じて選択できるように色々なタイプのレンズがございます。

図のような視線の使い方で、遠く・中間距離・近くを見ることができます。図の破線部分は実際のレンズ表面上には印刷されておりません。

累進屈折力レンズ