ミドルエイジ~シニア向けのレンズのかけはじめ

最近電車に乗っていると、携帯電話の画面に見入ってる人が、たくさん見られるようになりましたよね。

メールをしている人もいれば、小さな画面で「うそ~?!」というくらい細かい画像の携帯ゲームに熱中している人もいたりして。いまや携帯は生活に欠かせないアイテムの一つになってしまった、という人は、やはり多いのではないでしょうか。

さて、その携帯電話ですが、最近画面が見づらくなって、画面を遠ざけるとよく見える。
なんてことはありませんでしょうか?

もしそんな症状が出ているあなたが40代以上の年齢だった場合、一度視力検査をしておいた方がいいかもしれませんよ。

近くのものが見にくくなる症状が出てきたら、老眼のはじまりかもしれません。
症状の出る時期に個人差はあるものの、老眼にならない方はおりません。

「老眼なんて、まだまだ」と思いたくなる気持ちは誰も同じです。
でも、やがて近づいてくる50代、60代を快適な視生活で過ごすためにも、老眼の症状に気づいたら、なるべく早い内に、老眼用のメガネに親しんでおくことは重要です。

1. 自覚症状のチェック

一般的に「老眼」は40歳頃から始まると言われていますが、実際のところは45歳頃から老眼用のメガネを掛ける方が多いようです。

現在、40歳以上で下記事項に思い当たる点がある方は老眼が考えられます。

  1. 本や新聞を読むとき遠くに離すようになった
  2. 携帯電話の文字が見づらい
  3. 眼精疲労がある
  4. 肩こりがする
  5. なんとなく近くが見づらい etc...

目が疲れやすくなったり、物が見づらくなるシーンが多くなってくると、自分の年齢...つまり老化を感じたりして、がっかりすることって誰にでもありますよね。

2. レンズの選択

老眼用レンズにはいくつかのタイプがあります。
ここでご紹介するのは【累進屈折力レンズ(るいしんくっせつりょくれんず)】という種類のレンズです。
このタイプのレンズは境目もなく、1枚のレンズで遠・中・近を見ることができるレンズで、老眼用レンズとしては今や主流となっています。

さて、最近ではあまり見かけなくなりましたが「二重(三重)焦点レンズ」という「レンズに境目のある」レンズがあります。このレンズを掛けていると一目で老眼だということがすぐにわかってしまうので外観上あまり良いものではありません。

性能的には、手元の見える範囲はとても広いのですが、中間を見るときには像が境目でジャンプするので、見にくくなってしまいます。

さて、今回はこの【累進屈折力レンズ】の種類について、いくつかご紹介していきます。

1. 遠近両用レンズ

お手元から遠方まで1本のメガネで済み、掛け外しをしなくて済むのでとても便利なレンズです。
但し、1枚のレンズで遠・中・近が見えるように設計されているので遠用→中間→近用と度数が変化します。
したがって、掛け始めの際はユレ・ユガミなどの違和感を感じたり、視野(見える範囲)が狭く感じるといったことがあります。(ほとんどの方はすぐに慣れてしまいますが。)こうしたユレ・ユガミや視野の問題は度数が進めば進むほど顕著になってきますから、なるべくなら加入度数(老眼の度数)が強くならないうちから使用し始めることがポイントです。
加入度数が強くなってから掛け始めると、慣れづらく、慣れるまでに時間がかかってしまいます。

2. 中近レンズ(室内用レンズ)

室内専用のメガネとして開発されたレンズで、3~4m前後からお手元まで1本のメガネで掛け外すことなく見ることができます。したがって、主婦の方でテレビを見たり、掃除をしたり、料理をしたり、読書をしたりする場合を想定すると最適なメガネといえます。 また、会議の際にボードを見たり、手元の書類を見たりするのにも最適です。
なお、中近メガネをはじめて作成する場合は、見え方を確認する為にトライアルレンズで「どのくらいの範囲まで・どういう見え方をするレンズなのか」ということを実際に体験してから購入することをおすすめします。
このトライアルテストをしないと、見え方について後々のトラブルにつながってしまう場合があります。

3. 近用ワイドレンズ(パソコン用レンズ)

中近レンズよりも奥行きが狭くなりますが、手元に関してはワイドに見ることができます。通常の単焦点老眼用レンズと中近レンズの中間的な商品ということになります。デスクワーク中心でデスク周りをワイドに見たい方には最適なレンズです。例えば、通常の単焦点老眼用レンズは手元の30cm前後しか見えませんのでパソコンをする場合などはキーボードはよく見えるものの、モニター画面はよく見えません。近用ワイドレンズなら、そうした問題をクリアすることができます。

老眼用レンズを使用する上でのポイント

【 1 】 我慢の限界を超えて50歳になってから累進メガネを掛けようとしても、なかなか慣れにくく、慣れるまでにかなりの時間もかかってしまいます。したがって、45歳位から、つまり加入度数が弱いうちから掛け始めることが大切です。

【 2 】 50代半ばを過ぎると1本のメガネですべてのシーンに対応することは難しく、快適な視生活につながりません。そこで、家や会社など室内にいるときは中近メガネを、パソコンや読書のときは近々メガネを使用するなど、遠近両用メガネとの使い分けをすることが大切です。

【 3 】 老眼は年齢とともに進行しますから2~3年に一度は新しいメガネに買い替える必要があることを認識しておくことも大切です。春の検査、秋の検査と、年に2回程度は眼科で定期検査を受けましょう。

3. 累進屈折力レンズを選ぶとき・お店を選ぶときのポイント

さて、いざ老眼用メガネを作ってみようと思い立ったとき、どんなことを念頭において、お店の人に伝えたらいいのでしょうか?また、どんなお店で老眼用メガネを作るのが良いのでしょうか?
そのポイントをいくつかあげてみたいと思います。

【 1 】 ライフスタイルに合わせてメガネを作成することになるので、検査の前に使用目的を正確に伝えましょう。
たとえば、主にどのくらいの距離まで見えるメガネを作りたいのか?
お手元はどのような姿勢でどのくらいの距離で見ているのか?
などを正しく伝え、きちんと測定してもらうことが大切です。

【 2 】 加入度数を不必要に強くしてしまうとユレ・ユガミや視野の狭さにつながります。
したがって、度数を強くしておいて長く使おうといった考え方は避けたほうが無難です。

【 3 】 より自然な見え方を確保するためには目とレンズの距離が近いほうがベストです。
したがって、特に50歳を超えてから累進メガネを掛けようとされる方は、レンズの内面に度数変化をつけた、ハイブリッドテクノロジー採用の「内面累進屈折力レンズ」を選択されることをおすすめします。

【 4 】 フレームは、レンズタイプを選択されたあとでお好みのフレームを選んでいただくことが、その見え方をきちんと確保する上で大変重要なポイントとなります。フレームの上下幅によっては、選んだレンズが入らない場合もあるからです。
フレームのデザインはとても気になるところですが、まずレンズのタイプを決めてから、どのフレームを選べるのか確認してみましょう。

【 5 】 年齢が増すと、下方回旋力(下の方を見る力)が衰えてくるので、累進帯長(度数が徐々に変化してい中間部)が短いほうが好ましいです。しかし、累進帯が短いタイプは狭い領域で度数が大きく変化するわけですから、慣れづらいという側面もあります。これらのことをよく相談の上、選択されることが大切です。

【 6 】 お店を選ぶ際には、上記のポイントをしっかり押さえた上で的確なアドバイスをしてくれて、検査経験の豊富な店員さんがいるお店を選ぶようにしましょう。

【 7 】 よく、レンズ+フレーム=○○円といったセット販売がありますが、加入度数が弱い場合、価格にウェイトを置いてチョイスするのも結構です。ですが、50歳を超えて加入度数が2.00D以上の方で初めて累進メガネを購入しようとする方は、ユレ・ユガミの少ない(内面累進などの)レンズを選択されるほうが良いかと思います。